PoIC とは?

From PoIC
Revision as of 12:01, 17 February 2007 by Hawkexpress (Talk | contribs) (New page: Next Action... PoIC は色々な言葉で言い表すことができます。キーワードは、"Getting Things Done" ('''GTD''') とイ...)

(diff) ← Older revision | Latest revision (diff) | Newer revision → (diff)
Jump to: navigation, search
Next Action...

PoIC は色々な言葉で言い表すことができます。キーワードは、"Getting Things Done" (GTD) とインデックスカードです。

  • 中長期 GTD (Get Things Done)
  • 生涯にわたる人生追跡システム
  • ハイブリッド・カード・システム
  • カードを使った生産性向上の方法

このマニュアルを読んでいる大半の人が、GTD を知っており、私よりも良く理解していると思います。私の理解では、GTD のキモは、大きなプロジェクトを細かいタスクに分解し、それを GTD のフローにしたがって処理していくことです。タスクが完了したら、リストから削除し、長期タスクは Someday/Maybe リストに追加します。しかし、もし Someday/Maybe に入れたタスクを処理する方法がなければ、何も成し遂げられないということになるのではないでしょうか。

PoIC のエッセンス

Great habit of collection.

PoIC のエッセンスは極めて単純です。

  1. 全ての考えをカードを使って収集する
  2. それを箱の中に時系列で保存する
  3. それをあとで利用する

これだけです。このマニュアルで紹介する PoIC のシステム、メソッドはこの3行を成し遂げるために他なりません。これ以上簡単なカードシステムは、たぶんないと思います。

時系列でカードを蓄積する方法は、ストレス・フリーの状態でアイディア・情報を蓄積していくことを可能にします。実際、PoIC では、プロジェクトに関連する全てのアイディア・情報を捕らえることを試みます。カードが十分貯まったところで、箱からプロジェクトに関連するカードを抜き出し、新しい知識・成果を再生産します。その時が来るまでは、分類・検索など、あまり難しいことを考える必要はなく、情報収集に集中することができます。

つねに情報を収集する習慣

David Allen (2002) は、彼の本の中で、度々 "'収集する習慣'" の偉大さ (the great habit of collection)について述べています。

"The longer-term results can have a significant impact on you as an individual, and they can positively affect larger organizational cultures as well"(p. 226)
"あなたに関して、これまでに収集していない全ての情報を収集しましょう。そうすれば、気分が楽になるのに気付くでしょう (You'll feel better collecting anything that you haven't collected yet)。" (p. 232)
"生産性の向上を実現させるには、(頭の中の)全てを捕らえる必要があります (To fully realize that more productive place, you will need to capture it all)。" (p. 233)
"アイディア収集のプロセスをできるだけ完全に行うこと、そして新しいアイディアが浮かんだ時に捕まえる習慣を織り込むことで、あなたはより生産的になるでしょう (Doing the collection process as fully as you can, and then incorporating the behaviors of capturing all the new things as they emerge, will be empowering and productive)。" (p. 233)

この David Allen が提案していることいかに実現するかを考えた時に、PoIC はその一つの可能な解を提供します。

Keep It Simple

PoIC は、いろいろな方法を取り込んだ、ハイブリッドシステムと言えます。しかし、システムは極めてシンプルに保つように配慮しました。実際、他のシステムではうまく働いていても、アナログ、カードといった特有の状況から来る制約のために、排除したアイディアもたくさんあります。例えば、超整理法型のシステム更新ルール(野口、1996)や、コンピューターのオペレーティングシステムのエイリアスなどです。Less is more、Simple is the best が重要です。

基本的なシステムを極めて単純なものにしているため、PoIC は GTD といった生産性向上のみならず、研究・教育にも応用ができると考えます。

About this manual

私は、いわゆるプロの文筆家ではありません。私にとって、マニュアルを書くこと、そしてそれを英語で書くことは、極めて難しいタスクです。これらの問題を克服するために、私自身 PoIC のシステム・メソッドを使いました。PoIC は、このマニュアルを書く作業の、根本的な部分をサポートしています。このマニュアルに関する全てのアイディアは、実際に PoIC を使って収集・蓄積され、再生産されたものです。したがって、このマニュアル自体が、「PoIC を使った時に、何ができるの?」という本質的な問いかけに対する、一つの答えとなっています。

このマニュアルの第一世代は、蓄積したカードからいくつか抜き出し、ブログに書いたものが元になっています。ブログの記事は、基本的にパーツごとに書かれ、あとで並べ替えたものです。これは、ちょうど PoIC のカードをそのままデジタルに置き換えたものに相当します。マニュアルが複雑なものになるにしたがい、そして読者が増えるにしたがって、このブログを元にしたマニュアルの書き方が難しくなりました。そこで、第二世代からは、Wikipedia でも採用されている MediaWiki を導入しました。これによって、より自由に編集することが可能になり、第一世代では取りこめなかった残りカードを、全て取り込むことができるようになりました。

全てのアイディアを捕らえる試み

My thought is so descreate, non-linear, and disippative. When I start one thing, other thoughts always come to my brain. Unfortunatelly, I an not multi-task person. I can't do anything if I follow them every time. Same time I empilically know there is a certain long-term trend behind it. That is, two kind of wave is superposed ; short-term (or high-frequency) wave and long-term (or low-frequency) wave. So tracking both wave is a key to increase my productivity. I have tried many way, both digital and analog to process jobs around me. And only analog index cards survive.

On the other hand, if I start something I like, I cannot stop it. If I could connect this addictivity to productivity, it is get things done for me. And the key is to construct a system that is fun for me. And this is important to keep continue. You will see many tips, tricks, hacks through this manual. They are the results to enjoy this system.

This system is developed for myself. But I'm really happy if you take some good ideas from this manual. ;)

On the shoulder of the Giants

The PoIC provide how to handle long-term task, that is, interpolation/extrapolation of the GTD. Also I incorporate many ideas/hacks from Japanese productivity books. They are written in 1960's to 1970's, which can be called as "classical", but still useful. I respect their great works.